南魚沼産コシヒカリ 未来のきらめき

南魚沼産コシヒカリ 未来のきらめき

「南魚沼の自然と伝統・文化を、後世まで引き継いでいきたい」という想いで活動するNPO法人 魚沼伝習館の坂本恭一さん。 地域で活動する中で、高齢化に寄る担い手不足で荒れゆく田畑の姿に直面。「なんとかしなくてはならない」と立ち上がりました。 農事組合法人「後山」と連携し、休耕田と耕作放棄地の解消に向けた活動をスタート。魚沼産の中でも最優良産地である「南魚沼」 でおいしいコシヒカリを手掛けております。混じり気の無い、信頼の味をご賞味ください。

新潟県産コシヒカリ 未来のきらめき

新潟県南魚沼市
産地 新潟県南魚沼市
生産者 農事組合法人後山
品種 コシヒカリ

◎南魚沼産コシヒカリ
◎自然の恵み豊かなお米
◎休耕田の解消

価格 : 640円(税込)

1缶:270g
約2合、ご飯茶碗で4~5杯分

 
 

厳しくも豊かな自然が育む最高峰のお米

首都圏から新潟県を訪れる際の「玄関口」南魚沼市。
毎冬の積雪は人の背丈をはるかに超え、
数メートルにも届く豪雪地は、
魚沼産コシヒカリの中でも特に美味しいと
評価を受けている産地でもあります。

大量の雪は、春には米作りに適したミネラル豊富な
雪解け水と変わります。
さらに、南魚沼の地形がもたらす「昼夜の寒暖差」、
非常に強い粘土質で肥沃な「土壌」など
南魚沼はおいしいお米の生育に最適な
自然条件が全て揃う最高の環境。

恵まれた自然環境で育ったお米は、
日本穀物検定協会の米食味ランキングで
唯一、25年連続「特A」を獲得するほどの品質です。

写真
写真
 

直面した、荒れゆく田畑の姿

「良質でおいしい米づくりには、ミネラル豊富な水、
粘土質豊かな土壌、昼夜の寒暖差が大切。
そのすべてが"南魚沼"にはある」
と、南魚沼のお米のおいしさの秘訣を語る坂本恭一さん。 50歳の時に「南魚沼」の豊かな自然環境に魅了され、東京から移住してきました。
「地域の自然と伝統・文化を、後世まで引き継いでいきたい」という想いから、
2005年に自然学習体験を実践するNPO法人を発足。
子どもやそのご家族向けの自然学習体験などの活動をするなか、
坂本さんが直面したのが「休耕田」と「耕作放棄地」の問題でした。
米作りに最適な自然環境の南魚沼市ですが、
集落では高齢化が進み、農作業ができなくなり、
手放された荒れた田畑が年々増えていたのです。

写真
 

地域の自然と伝統・文化を、後世まで引き継ぎたい

地域の自然と伝統・文化を、後世まで引き継ぐために
「休耕田をなんとかしなくてはならない!」
と決意した坂本さん。
地元の農事組合法人「後山」と手を組み、
休耕田解消に向け、田んぼ、農機具を借り、地代を払い、
米作りを始開始しました。
また、積極的に移住者の受け入れも支援し、
耕作放棄地、休耕田の復活の担い手になってもらおうと
取り組んでいます。
さらに首都圏とのアクセスの良さをいかし、
都会の人にも田んぼ作業を経験してもらったりと
日本の食文化を伝える活動にも積極的です。
坂本さんは、お米以外にも南魚沼の食文化にも強く関心があり、
「地域の資源を活かし、若者が専業農業でも
生計がたてられるように応援していきたい」
と語ってくれました。

写真
写真
 

こめかん 「未来のきらめき」

最高峰の南魚沼産コシヒカリですが、
「実際作られている南魚沼産コシヒカリの総量よりも
市場には多く流通している」
と、坂本さんは言います。
「消費者の方に"南魚沼産コシヒカリ"の本物の味と伝えたい」
と、契約農家の栽培データをすべて管理。
肥料設計、乾燥検査のほか、DNA検査もしているため、
安心、安全、混じり気の無い南魚沼産コシヒカリを
そのままお届けします。
香り豊かなお米は、粘り気が特徴。
噛めば噛む程、甘みが増し、冷めてもおいしいため、
お弁当やおにぎりなどにも最適。
モチモチで甘味と風味が良い本物の味をご堪能下さい。

 
先頭に戻る